掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[28] Re:[27] 無題 投稿者:SolidFromPhoto 投稿日:2015/05/01(Fri) 12:37  

SFPを使用する際の一般的な注意点を以下のページにまとめてあります。
http://www.solidfromphoto.com/caution/index.html

「室内から壁を撮影」とありますが、平面的な壁だけですと使用上の注意にも記載している「対応点は立体的な広がりを持つ」を守れなくて、カメラ位置・姿勢を計算できなくなります。そのような場合は床や天井も一緒に撮影して床や天井にも対応点を設定できるようにすればよいです。
また対応点を設定しやすくするために、撮影時に床に小物を置いたり、天井にシールを張ったりするのもよいと思います。

よろしくお願いいたします。

http://www.solidfromphoto.com/caution/index.html


[27] 無題 投稿者:x001017 投稿日:2015/05/01(Fri) 09:47  

ご回答の程ありがとうございます。
とても参考になります。

精度確保のため撮影箇所の検討をしたいと思います。
室内からでの壁等を撮影し算出する場合、撮影箇所には何か気をつけるべき点
はありますでしょうか。
宜しくお願い致します。


[26] Re:[25] カメラの位置姿勢情報の出力 投稿者:SolidFromPhoto 投稿日:2015/04/30(Thu) 12:46  

ご質問ありがとうございます。

カメラの位置・姿勢のデータをファイルに出力することは可能です。CSV形式で出力できます。
以下のページの「カメラ位置・姿勢CSV出力」をご覧ください。
http://www.solidfromphoto.com/menu/AuxiliaryFunction/Output.html
ここの説明の備考の「対応点とカメラ位置姿勢の関係」のリンクを誤っていました。以下が正しいリンク先です。近日中に修正します。
http://www.solidfromphoto.com/PointCameraRelation/PointCameraRelation.htm


カメラ位置・姿勢の精度という事ですが、カメラ位置・姿勢の精度をどの様に表現すればよいのか不明なため計測もしておりませんが、算出したカメラ位置・姿勢を使用して3次元形状の2点間を距離を算出しその精度を測定したところ、誤差は長さの1/100以下に収まった実績はあります。
精度は、写真の撮影位置・写真の画素数・対応点の入力精度に大きく依存します。


1枚の写真だけでは使用できません。


よろしくお願いいたします。

http://www.solidfromphoto.com/PointCameraRelation/PointCameraRelation.htm


[25] カメラの位置姿勢情報の出力 投稿者:x001017 投稿日:2015/04/30(Thu) 09:37  

初めまして
初歩的な質問を致したく書き込みを致しました。
他のCGソフトウェアでここで作成するカメラの位置・姿勢のデータを使用したく
カメラのデータを出力するような事は可能なのでしょうか。その際のカメラの精度はどのくらい出るものなのでしょうか。

また、多視点からの撮影が無く一枚の写真しか存在しない場合でも使用する事は可能でしょうか。

宜しくお願い致します。


[24] Re:[23] [22] テクスチャーを張る 投稿者:十五島 投稿日:2014/10/09(Thu) 17:05  

solidformphoto様
ご回答ありかとうございます。

3Dでの対応点の表示サイズを大きくする。で進めていきます。

***SFPには、いろいろと便利な機能があるのに、私は使いきれていません。

> 十五島様
> 質問ありがとうございます。
>
> 新版で3Dの点の表示や選択の処理は変更しておりませんが、3D点が周りのポリゴンやエッジに比較して画面の奥にある場合、選択しにくくなります。3Dの点が選択しにくいというよりも手前にあるエッジやポリゴンの方が選択されやすくなるためです。
>
> 次の2つの対策方法があります。
> (1)メニューの「補助機能ー動作モード設定(SFPファイル記録)ー対応点の3Dビューでの表示サイズ」で3Dでの対応点の表示サイズを大きくする。
> (2)3Dの表示を回転して3Dの点が周りのポリゴンやエッジよりも手前に来る方向にしてから3Dの点を選択する。
>
>
> よろしくお願いいたします。
>


[23] Re:[22] テクスチャーを張る 投稿者:solidfromphoto 投稿日:2014/10/08(Wed) 23:54  

十五島様
質問ありがとうございます。

新版で3Dの点の表示や選択の処理は変更しておりませんが、3D点が周りのポリゴンやエッジに比較して画面の奥にある場合、選択しにくくなります。3Dの点が選択しにくいというよりも手前にあるエッジやポリゴンの方が選択されやすくなるためです。

次の2つの対策方法があります。
(1)メニューの「補助機能ー動作モード設定(SFPファイル記録)ー対応点の3Dビューでの表示サイズ」で3Dでの対応点の表示サイズを大きくする。
(2)3Dの表示を回転して3Dの点が周りのポリゴンやエッジよりも手前に来る方向にしてから3Dの点を選択する。


よろしくお願いいたします。



[22] テクスチャーを張る 投稿者:十五島 投稿日:2014/10/07(Tue) 12:34  

solidformphoto様

新版での動作

3D表示画面で、面にテクスチャーを張るために、手動で3点を選択しようとしますが、

すぐにエッジ選択になり、点の選択ができません。
3D表示を拡大して、操作しても、点の選択ができません。

点を選択するには、どのようにすればよいでしょうか。




[21] Re:[20] 一部の写真が裏側から見た計算になる。 投稿者:SolidFromPhoto 投稿日:2014/05/26(Mon) 22:10  

磯矢様
質問ありがとうございます。
> SFP 64bit版を樹木の位置を用いて地形の測量に使わせていただいております。
> しばしば経験するのが一部の写真が裏側から見た計算になり、精度が上がらなくなることです。このような場合裏返しの写真だけを正しい方向から見た計算に修正する方法がありますでしょうか。


裏側から見た計算になるとのことですが、カメラ位置・姿勢の計算方法が望遠:不揃倍率の場合は計算上裏返しで正しいカメラ位置になる場合があります。その場合はメニューの「座標系裏返し(望遠:不揃倍率のみ)」を行ってください。
しかし精度が上がらないとのことなので、これとは別と思います。

一部の写真が裏側から見た計算になるのは多分、対応点は立体的な広がりを持っていなかったり持っていてもその度合いが小さいのでないかと思います。

ご覧になっているとは思いますが「使用上の注意」のアドレスを記述いたします。

よろしくお願いいたします。

http://www.solidfromphoto.com/caution/index.html


[20] 一部の写真が裏側から見た計算になる。 投稿者:磯矢 投稿日:2014/05/26(Mon) 06:35  

solidformphoto様、

SFP 64bit版を樹木の位置を用いて地形の測量に使わせていただいております。
しばしば経験するのが一部の写真が裏側から見た計算になり、精度が上がらなくなることです。このような場合裏返しの写真だけを正しい方向から見た計算に修正する方法がありますでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

http://http://isoya-arch.com/going.htm


[19] 対応点入力 投稿者:十五島 投稿日:2014/05/16(Fri) 02:59  

久しぶりに本ソフトを使用しています。
対応点入力モードが使いやすくなってます。
1点対応付けると,自動的に次の対応点へ移動してくれるので作業が楽です。  地質学会に発表する斜面地質の3D化を試みています。


[1] [2] [3] [4]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -